中村文昭の
「生き方見本市2019
~人間力でしくみをつくろう!~」
会場参加&Web配信参加 
申し込みフォーム

2009年11月22日(いい夫婦の日)に1,000人で7時間を要したイベント「生き方見本市」(於:東京国際フォーラム)。

あれから10年の月日が流れ、日本は、これまでに体験したことのない未来を迎えようとしています。少子高齢化・労働力の減少・限界集落の増加・子どもの貧困・孤独死の激増・・・。問題の解決策はひとつではありませんが、今こそ「人間力」を集めて、みんながつながっていける「しくみ」をつくる必要があると思います。

講演家・中村文昭と、編集者・鈴木七沖が10年ぶりにタッグを組んでお届けする「生き方見本市」。今年のテーマは「人間力」と「しくみ」です。全国からテーマに合わせた様々な分野で活躍する人たちをお招きし、その活動にふれることで、未来への希望を共有できればと考えています。

今回は、300人が収容できる会場(東京:時事通信ホール)での開催と同時に複数のカメラを用いてのWeb配信も試みます。全国、世界中のどこからでも、インターネットの利用が可能な環境からお楽しみいただくことができます。今回の企画が必要な方に必要な形でお届けできますように。是非、会場の空気、イベントの温度感を一緒に味わいましょう。

【中村文昭からのメッセージ】
今から10年前、1,000人で過ごした7時間の興奮が忘れられません。あれから10年の月日が流れ、僕も主催の七沖さんも共に50代となりました。そのあいだ、間違いなくテクノロジーの進化は止まりません。止まらないどころか「AI(人工知能)」の爆発的な発展によって、世界は一気に様変わりしようとしています。そして、そのど真ん中にいるのは「僕たち人間」です。

オフラインの世界とオンラインの世界を行き来する時代。どちらが得意か不得意か、好きか嫌いかはあるにせよ、片方だけでは生きていけない。人と人はつながり、オフラインとオンラインもつながり・・・つながりはどんどん増えていく。
その、つながりを楽しむためには「自身が価値観」をもつことが大切だと僕は思います。
今回のテーマは「人間力」と「しくみ」です。
当日は皆さまと、様々な価値観をつなげさせていただきます。

日時 2019年12月14日(土) 
タイムライン 12:00〜 開場
13:00〜 開演
・中村文昭の講演
・全国のしくみづくりをした仲間たちの登壇、プレゼンテーション
・基調講演 辻信一(文化人類学者・環境運動家)
20:30〜 終演予定
※内容が変更する場合がございます。
会場 時事通信ホール
東京都中央区銀座5丁目15-8
地図を開く
参加費 会場で参加  5000円(税込)
ネットで参加 3000円(税込)
※入金を確認後、当日近くなりましたらURLをお知らせします。
主催 株式会社なないち
協力 有限会社クロフネカンパニー、株式会社センジュ出版、合同会社JOY CIRCUS
下記フォームに必要事項を入力後、確認を押してください。
※個人情報について、適正な管理を行うとともに情報の保護に努めます。
お名前 【必須】  
ふりがな 【必須】  
参加方法 【必須】
参加人数【必須】

郵便番号(ハイフン無し、半角数字) 【必須】
ご住所 【必須】
お電話番号(半角) 【必須】
メールアドレス(半角英数) 【必須】
上記アドレスに今後ご案内を希望しますか?
「生き方見本市」をどこで知りましたか?
お振込み期限日【入力不可】
お問い合わせ

 

※確認ボタンを押す前に
迷惑メール対策をされている場合
「@71nanaichi.com」からのメールの受信許可をお願いいたします。
→確認・設定方法は、ご利用のメールソフト会社、
または携帯からであれば通信事業者へお問い合わせください。